ReGOO利用規約に関して

注文受注時に適用されます。お申込み前にご一読下さいませ。

ReGOO利用規約

申込者(以下「甲」という)は、株式会社YsLink(以下「乙」という)の提供するReGOOサービス(以下「ReGOO」という)について、本利用規約(以下「本規約」)に同意する。

第1条(概要)

 本規約への甲の同意をもって、乙が開発および運営管理する送客専用サイト(以下「管理サイト」という)およびメールマガジンを通じて、甲の顧客候補を甲の店舗へ送客し、管理サイトへの集客、コンテンツの更新および保守メンテナンスに係る業務(以下「本件業務」)を甲から乙に委託し、乙はこれを受託する。

第2条(本件業務内容)

乙が甲に提供する本件業務の詳細は、それぞれ次の通りとする。なお、本件業務詳細を総じてReGOOと定義する。

1 乙の本件業務内容詳細
 ‐ (1) 「甲の顧客メールアドレス登録およびメールマガジン配信承認」を目的としたコンテンツをWeb上に公開するための管理サイトの開発および運営。
 ‐ (2) 管理サイトをWeb上に公開する為のサーバーおよびドメインの管理。
 ‐ (3) 管理サイトへ甲の顧客を誘導する為の「割引特典付きメニューPOPデザイン(以下「POP」という)」の作成(毎月一回限り)。
 ‐ (4) POP掲載用の甲のオリジナルコンテンツを、管理サイトで毎月一回限り更新し、Web上で公開する業務。
 ‐ (5) 管理サイトを通じて登録された甲の顧客へのメールマガジン配信および甲の顧客情報の管理。
 ‐ (6) 管理サイトのアクセス解析およびコンバージョン設定およびアクセスデータの甲への共有。
 ‐ (7) 管理サイトの運営レポートの甲への共有。

2 本件業務内容の変更は、契約期間中は行わないものとする。

3 乙は本件業務において、甲の店舗売上が最大化されることを目的とし、業務を遂行するものとする。

4 本条第1項において、甲が乙に依頼する内容如何によっては、別途費用が発生する場合がある旨、甲乙共に予め承諾する。

5 甲及び乙は、本契約に関わるGoogleアナリティクスアカウント情報を共有する。

第3条(料金及びその支払方法)

1 甲は本件業務の対価の支払い方法として、ペイパル決済(ペイパルジャパン株式会社の提供する決済サービス)にて支払う事に同意し、甲のペイパルアカウントに登録しているメールアドレスを乙に通知する。
2 甲は乙に対し、下記に定める料金を各定めに従い、支払うものとする。なお、本契約に記載する金額は全て税別表記とする。
 – (1)初期POP制作料および管理サイト制作費/30,000円(支払時期:本契約申込後、直ちに)
– (2)ReGOO基本月額利用料/19,800円(支払時期:翌月分を前月10日迄に決済。但し初月利用分に限り、無料とし、日割り計算は行わない。なお、乙が別途定める条件に適合する場合は、ReGOO月額利用料を割引する。)
 – (3)上記各号以外の料金(POPデータ印刷等)/都度見積り(支払時期:前払い)
 – (4) メール従量課金 (甲の顧客メール登録アドレス数が200通を超過した場合)/1アドレス毎に5円(支払時期:翌月10日に決済)

3 ペイパル決済の決済手数料は乙負担とする。

第4条(契約期間)

本件業務の契約期間は、以下のとおりとする。
1 甲のReGOO申込日の翌月1日をReGOO契約の始期とし、満一年間。
2 ReGOO契約を更新しない場合には、甲は乙に対し、契約期間満了の前々月10日までに、解約の申し出をメールにて行うものとする。甲の解約申し出がない場合は、ReGOO契約は半年間自動更新されるものとし、以後も同様とする。
3 甲または乙がReGOO契約の条件変更を希望する場合、双方書面(メール含む)にて合意しなければその効力は発生しないものとする。

第5条(契約の終了と解約金)

ReGOO契約終了後の措置について、以下の通り取り決めるものとする。
1 乙は管理サイトのデータやメールアドレスを含む全てのデータを、ReGOO契約終了日から起算して7日以内に消去するものとする。
2 甲は契約期間中であっても、「残契約期間月数×月額料金の50%相当額」の即時解約金を乙に対し支払う事で即時解約することができるものとする。
3 期間満了解約の場合、解約金は生じないものとする。
4 ReGOO契約が終了する場合、甲は事前の申し出により管理サイトに登録された甲の顧客メールアドレスのデータ提供を、乙に対し有償(データ提供料として月額料金の2ヶ月分相当額)にて求めることができるものとする。

第6条(秘密情報の取扱い)

 1 甲及び乙は、本件業務遂行のため相手方より提供を受けた技術上または営業上その他業務上の情報のうち、相手方が書面により秘密である旨指定して開示した情報、または口頭により秘密である旨を示して開示した情報で開示後10日以内に書面により内容を特定した情報を秘密情報と定めるものとする。但し、次の各号のいずれか一つに該当する情報については秘密情報には該当しない。
 – (1) 秘密保持義務を負うことなく既に保有している情報
 – (2) 秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
 – (3) 相手方から提供を受けた情報によらず、独自で開発した情報
 – (4) 本契約に違反することなく、かつ、受領の前後を問わず公知となった情報
2 甲及び乙は、秘密情報を第三者に漏洩してはならない。但し、事前に相手方からの書面による承諾を受けることにより、第三者へ開示することができる。なお、法令の定めに基づきまたは権限ある官公署から開示の要求があった場合は、当該法令の定めに基づく開示先に対し開示することができる。
3 秘密情報の提供を受けた当事者は、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとする。
4 甲及び乙は、秘密情報について、ReGOO契約の目的の範囲でのみ使用し、ReGOO契約の目的の範囲を超える複製、改変が必要なときは、事前に相手方から書面による承諾を受けるものとする。
5 甲及び乙は、秘密情報をReGOO契約の目的のために知る必要のある各自の役員及び従業員に限り開示するものとし、ReGOO契約に基づき甲及び乙が負担する秘密保持義務と同等の義務を、秘密情報の開示を受けた当該役員及び従業員に退職後も含め課すものとする。また、乙は、再委託先に対してReGOO契約に基づき乙が負担する秘密保持義務と同等の義務を課すことで、当該再委託先に秘密情報を開示できるものとする。
6 本条の規定は、ReGOO契約終了後も存続する。

第7条(個人情報

 乙は、個人情報の保護に関する法律に定める個人情報のうち、本件業務遂行に際して甲より取扱いを委託された個人データまたは、本件業務遂行のため、甲乙間で個人データと同等の安全管理措置を講ずることについて、個別契約その他の契約により合意した個人情報を第三者に漏洩してはならない。
2 甲は、個人情報を乙に提示する際にはその旨明示するものとする。
3 甲は、甲の有する個人情報を乙に提供する場合には、業務遂行上必要な最小限度にとどめ、個人が特定できないよう加工した上で、乙に提供するよう努めるものとする。
4 乙は、個人情報の管理に必要な措置を講ずるものとする。
5 乙は、個人情報について、ReGOO契約の目的の範囲でのみ使用し、ReGOO契約の目的の範囲を超える複製、改変が必要なときは、事前に甲から書面による承諾を受けるものとする。
6 ReGOO契約の終了後、乙は遅滞なく個人情報を処分または甲の指示に従った譲渡等の措置を講ずるものとする。
7 乙は、個人情報の取扱いを再委託先に委託する場合は、再委託先の名称及び住所等を書面により事前に甲に通知して承諾を得なければならない。また、乙の責任において、再委託先に対してReGOO契約に基づき乙が負担する義務と同等の義務を課すとともに、必要かつ適切な管理を行わなければならない。
8 本条の規定は、ReGOO契約終了後も存続する。

第8条(契約解除)

乙は甲がReGOO契約のいずれかの条項に違反し、相当期間を定めてなした催告後も、甲の債務不履行が是正されない場合は、ReGOO契約の全部または一部を解除し、管理サイトの公開停止、管理する個人データの消去等の措置を講じることができる。

第9条(期限の利益喪失)

 乙は、甲に次の各号のいずれか一つに該当する事由が生じたときは、甲に通知することなくReGOO契約を直ちに解除することができる。
1 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、または会社更生手続及び民事再生手続の開始、破産もしくは競売を申し立てられ、または自ら会社更生手続、民事再生手続の開始もしくは破産申立てをしたときまたは第三者からこれらの申立てがなされたとき
2 資本減少、営業の廃止もしくは変更、または解散の決議をしたとき
3 公租公課の滞納処分を受けたとき
4 その他前各号に準ずる信用の悪化と認められる事実が発生したとき

第10条(再委託)

1 乙は、甲の事前承諾を得ることにより、本件業務の一部を第三者に再委託することができる。
2 乙は、当該再委託先との間で、再委託に係る業務を遂行させることについて、ReGOO契約に基づいて乙が甲に対して負担するのと同様の義務を、再委託先に負わせる契約を締結するものとする。
3 乙は、再委託先の履行について甲の責に帰すべき事由がある場合を除き、自ら業務を遂行した場合と同様の責任を負うものとする。

第11条(権利義務譲渡の禁止)

甲は、乙への事前同意を得ずにReGOO契約上の地位を第三者に承継させ、またはReGOO契約から生じる権利義務の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、引き受けさせもしくは担保に供してはならない。

第12条(禁止事項)

1 甲ならびに乙は、ReGOO契約における相手方の売上や経費などの秘密事項を、第三者に対して絶対に漏洩してはならない。
2 甲は、乙の本件業務の遂行上知り得た、Web運営上のノウハウや機密情報を転用してはならない。
3 甲は、乙の名誉又は信用を毀損しかねない表現を、第三者に対して行ってはならない。

第13条(不可抗力)

 1 ReGOO契約上の義務を、以下に定める不可抗力に起因して遅滞もしくは不履行となったときは、甲乙双方本契約の違反とせず、その責を負わないものとする。
 – (1) 自然災害
 – (2) 伝染病
 – (3) 戦争及び内乱
 – (4) 暴動
 – (5) 火災及び爆発
 – (6) 洪水
 – (7) その他前各号に準ずる非常事態
2 前項の事態が発生したときは、被害に遭った当事者は、相手方に直ちに不可抗力の発生の旨を伝え、予想される継続期間を通知しなければならない。
3 不可抗力が90日以上継続した場合は、甲及び乙は、相手方に対する書面による通知にてReGOO契約を解除することができる。

第14条(損害賠償)

 甲は甲の責に帰すべき事由により、乙または第三者に損害を与えたときは損害を賠償するものとする。

第15条(著作権等)

 乙の管理サイト上における全ての動画像コンテンツの著作権、その他関連知的財産権は乙に帰属するものとする。但し、甲より提供された甲のオリジナルコンテンツはこの限りではない。

第16条(利益の保証)

 ReGOO契約における乙の甲に対する一切の本件業務の提供は、甲の利益を保証するものではない旨、予め承諾する。

第17条(誠実協議)

 ReGOO契約に定めのない事項及びReGOO契約の解釈に疑義を生じた場合は、甲乙が誠意をもって協議に努め、円満に解決するものとする。

2021年1月12日更新

以上、ご理解ご同意の上でのご利用をお願い申し上げます。

お問い合わせの際はコチラよりお願い致します。

Scroll to Top