【心境の変化】目立たなくていい。ギラギラ感の喪失に反比例して増幅する社会貢献の思い

2018-05-26 00:00:59

【目立たなくていい】40歳になってからの心境の変化

5月8日で満40歳になりました

 

今は、家族が幸せでいてくれるならそれでいい。

 

純粋にそう思います。

 

  

 

超田舎者の私は、かつてはこんな感じでした。

 

・20代前半:有名人になって故郷に錦を飾りたい!遠くにいても、自分のことが皆にわかるようになるんだ!

 

・20代後半:ビッグになってお金持ちになりたい!その為に、まずは独立だ~!自分の店を持つぞ!!

 

・30代前半:独立して、有能経営者の仲間入りだ!ブラックカードが欲しい。カッコいい車が欲しい。マイホームが欲しい。お金が欲しい!!!

 

・30代後半:失ったものを必ず取り戻してやる!その為に遮二無二働くぞ!どんどん表に出て、自分の復活を皆に知ってもらいたい!

 

 

そして今・・・

 

3児のパパになった。

 

念願のマイホームも手に入れることができた。

カッコいい車も買った(ファミリーカーだけど)。

 

特に、コレといった物欲はない。

強いて言えば、次はボディメイクに取り組みたい。

 

 

かつてのような、ギラギラした『目立ちたい感』や『有名になりたい感』はすっかりなくなった。

 

黒子でいい。

 

 

時間を有意義に使い、家族と戯れる時間だけはたくさん作れるようにしたい。

 

 

ちょっとは人並み以上に裕福に生きられるなら、それで家族が幸せを感じてくれているなら、現状維持でいい。

 

 

実は継続することが一番難しいことは分かっているけどね。

 

 

ただ、売上稼いで経済活動を担うことが社会貢献に繋がると思っているし、法人としての義務だとも思っているので、数字上は毎期毎期成長していけるようストイックに取り組んでいきます。

 

しかし、丸くなったな~(笑)

関連記事