可能性は無限大。

挫折から生まれたプロジェクト~在宅ワーカーが近未来の日本を救う~

私は必死に資金繰りに奔走し、当面の運転資金として知人から400万円の調達をしてきた。

この資金が尽きるまでに、絶対に今の事業を軌道に乗せる!!

 

そう決意し、それを攻撃資金に充てた。

そして、今の基盤であるメディアを2016年3月に0から立ち上げる。

 

自分の理論と法則だけは正しかった。
これは、リリースしたBuRuプロジェクトの根幹となっている。

 

ただ、それを実践するできるための環境を整える事ができずにもがいていたのだ。

 

アクセスを集めれば集めるほど嵩むサーバー代。
高い時は月20万円を超えた。

アクセスを集めることはできる。

それをお金にする事もできる。

しかし、経費が嵩むのはどうしても抑えられない・・・

 

この葛藤を払しょくする事ができたのが、2016年6月の喪黒福造氏との出会いだった。

喪黒氏からコンサルを受けるようになり、サイトデザインが一新された。

Googleアドセンスを利用するようになったのもこの頃。

驚くような機能が少しずつ搭載されていき、
収益力は一気に高まることになった。

アクセスを集める事だけには長けていた自分は、
喪黒福造氏のコンサルはドンピシャでハマったのだ。

喪黒氏はBuRuプロジェクトにおいても、
会員のサーバー管理と、クローズド高単価SSPを提供してくれている敏腕エンジニアだ。

 

それからというもの、
「これは伸びる!!」という確信だけはあったが、
錚々簡単に結果が出るものではない。

 

1日17時間の作業とトライ&エラーはこの時も続いていた。

 

喪黒福造氏のコンサルを受け始めて、
やっと目が出始めたのが出会って3ヶ月くらい経過した9月頃だっただろうか。

 

ようやく月間粗利益で100万円の壁を突破できた!

 

自分は記事を書いてFacebookで拡散させるだけ。

 

正直、特別高いスキルを必要としているわけでは無く、
その仕組みさえあれば誰でも稼げるモデルなんだという実感が湧いていた。

 

試しに、その記事を某マッチングサイトで募集したライターさんに書かせ、
自分はその記事を拡散させる事だけに注力してみると・・・

同じような結果が得られるではないか!!

 

やっと、辿り着く事ができた量産型のビジネスモデル。

 

在宅で月間100万円稼げるようになれば、気持ち的にも随分と楽である。

いよいよ、このモデルをプロジェクト化できる基盤ができ始めてきていた。

 

私は喪黒福造氏のコンサルを受けて覚醒することができた。

【覚醒】ステージが変わった瞬間「1000万PV達成すれば、見える景色が変わるよ」

 

しかし、それを皆が受けるのは到底無理な話だし、費用も掛かる。

余談だが、このホームページを作ってくれたのも喪黒福造氏だ。

 

では、自分が得たその知識をマニュアル化して広めるのはどうだろうか?

在宅で稼げる社会を作る。

もし、これが実現できれば、私はやっと自分に課した社会的使命を乗り越えられるかもしれない。

やっと、恩返しができるかもしれない。

そういう想いで、自分が得たものを商品化するという構想を持つようになった。

 

幸い、自分は初心者なので、

「ここさえ打破できれば稼げるのに」
「この部分だけに特化して自分はやりたいのに」
「こういう指標が無いと何から手を付けていいのかわからない」
「もっとこうして欲しい」

こういうフラストレーションは常に持っていて、
そういうストレスが無いような構造を作りたいという想いが強い。

ネットビジネスに参入してから、満足のいく結果が得られるようになるまで費やした約一年半。

 

私の好きなアップルの創業者、スティーブジョブスの言葉で
「ピンチの時ほど物事が良く見えるぞ」という格言がある。

 

だから私は、遠回りはしたかもしれないけど、
それを失敗だとは思っていない。

成功への必要なプロセスだったと思っている。

 

皆が私と同じように、毎日17時間もパソコンと睨めっこして作業をする事は恐らくできないはずだ。

時間さえかければよいというものでもない。

 

だからこそ、きっちりやる事さえやって貰えれば、
最短距離で結果を出せるスキームを作りたかった。

 

誰でも稼げるよ。
クリックするだけで不労所得だよ。
1日〇分だけ作業すれば十分だよ。

 

私は、そういう謳い文句の商品が大嫌いだ。

世の中の構造上、一般市民がそういう事をできるわけが無いのだ。

そうなる為に、何かを犠牲にして土台を作っているなら話は別だが、
それにはたかだか数十万払って得られるものではないはずだ。

 

結果を得ている人こそ、絶えずトライ&エラーを繰り返している。

 

そういう想いで、私のビジネスモデルは必然的に
「稼ぎやすいけど、手を動かさない限り結果は出ない」
ものになっていった。

 

ビジョンはできた。

再現性も高く、決して難しいものじゃない。

 

自分が抱えていた「こうすればもっと稼げるのに」
というフラストレーションを一気に払しょくする為、
いよいよ専用のWordPressテーマの開発に取り組む決意を固めた。

 

その開発とプロジェクトとしてスタートできるまでの数ヶ月間の運転資金として、最低500万円が必要だった。

 

選択肢は2つ。

1つ目は、その資金を確保できるまで、事業を拡大し続ける事。

100万円の粗利を確保できた9月。

 

その成績から逆算すると、一年は掛かってしまいそうな計算だ。
なんせ、粗利から人件費と借金返済がある為、それでは全然回らないのだ。

 

2つ目は、必要資金を調達する事。

尊敬する孫正義さんの言葉で、
「事業はイケるという可能性がある時点で始めないとならない。
準備がすべて整ってからスタートするのではもう遅いのだ」

という名言を思い出した。

確かにその通りだ。

ネットビジネスは流行り廃りも恐ろしいくらい早い。

遅く取り組むこと自体がリスクになる世界だ。

自分は、後者の選択し、
恩師のX社長に相談する事に決めた。

 

次ページへ続きます

ページ:
1 2 3 4 5 6 7

8

9

関連記事一覧

コメント

    • オオタ
    • 2017年 4月 15日

    漫画を10話まで見させていただき、コメントを何度かさせていただき、ねじまき君のあだ名を勝手にホルモンだと解釈して失礼極まりないオオタです。

    みんなのコメントを読んでいたらこの記事にたどり着きました。
    どんどん読み進めました。

    私、ここで頑張らないともう先がない!
    このプロジェクトは参加したいです!

    秋田にもサンデーあります。

    私は毎月どうやって支払いをやりくりしていけばいいのか頭を抱え込む毎日から早く抜け出したいです。
    苦しいのは嫌です。
    サイトアドセンスやってますが、アクセスの集め方が分かりません。
    YouTubeの動画にアドセンス紐付けしても消されました。
    グレーゾーンで作業する度胸は私にはメンタル弱くて向いてません。

    堂々とまっすぐネットで稼ぎたいです。

    • yslink
    • 2017年 4月 18日

    コメントありがとうございます< (_ _)>

    堂々と真っ直ぐネットで稼ぎましょう。

    サイトアドセンスをやっておられるなら、話は早いですね。

    アクセスを爆発的に呼び込む手法を、BuRuプロジェクトで教えています。

    多分、今のサイトアドセンス収益の10倍くらいは稼げるはずです。

    2年前までネットど素人だった自分にもできたので。

    プロジェクトへのご参加お待ちしております。

    東北県民同士頑張りましょう!
    がっちりサポートさせて頂きます< (_ _)>

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ースポンサードリンクー
ースポンサードリンクー

最近の記事

ースポンサードリンクー
PAGE TOP