可能性は無限大。

傍にいる私の右腕は、事故によって足を大怪我して、前の仕事を止めざるを得なかった過去をもっている。タッグを組んで二ヶ月後・・・

2016年12月14日。X社長からの増資を受けた。

この増資によって、自分の持っていた自社株の価値が3倍になった。

 

どういう事?

元々は、資本金100万円でスタートした零細企業。

一株1万円で設定していた為、持ち株は100株だ。

そして、X社長から500万円の増資。

株は50%ずつ持ち合う必要があった為、一株単価を調整することに。

資本金は600万円。

私は100株のまま。
X社長も100株。

つまり、『X社長には一株5万円で増資頂いた』、という事だ。

この増資により、私が持っていた100株は資本金の半分に当たる、300万円の価値になった!

自社株の価値が3倍になったというわけだ。

 

これまでとは責任感が全然違う。

 

もう、一人の会社じゃない。

企業とは、「業を企てる」と書く。

私には成し遂げたい業がある。

「在宅ライター」という新しい職業を世に根付かせたいという信念。

それに、挑戦する権利を得ることができた。

絶対に、やってやろうと思います。






近い将来、ひょっとしたら自分にも訪れる未来。

 

両親の面倒を見なきゃいけないから、今の仕事が継続できない。

子供が病気がちで、外に働きに出る事ができない。

自分が病気になってしまった。
妻(夫)の看病をしなければならないから、仕事ができない。。。

 

もし、こんな状況に追い込まれてしまったら、
貯蓄の無い人たちはどうすれば良いのか?

生活保護に頼るしかない?

年金だってたかが知れている。

保険で全てがカバーできるわけがない(そもそも未加入とか)。

 

超高齢化社会が加速的に進んでいる現代。

自分の孫世代になると、
一人の成人が二人の老人の面倒を見なければならないような
構図になっていくとも言われている。

それを打破するために、自宅で稼げる手段を身につける事が急務だと思うし、
それを立派な職業として根付かせたいと本気で思っている。

 

実際に私は、ほぼ自宅(事務所が自宅の目と鼻の先)に居ながら、
メディア運営で毎日10万円を超える収益を叩けるようになった。

月収300万。

一般企業の勤め人なら、普通はこのレベルに達することなくキャリアを終える人が圧倒的多数だろう。

 

でも、私はその仕組みを一般の方々に提供できる。
全然難しい事じゃない。

自宅に居ながら本業以上に稼ぐ、という画期的な仕組みだ。

FXとか株とか、そういうものじゃない。

メディア運営でだ。

 

この事業プロジェクトを「BuRuプロジェクト」と命名した。

BuRuとは、Buzz(バズ≒拡散)・Rich(リッチ≒お金持ち)・Union(ユニオン≒合体、組織)の造語。
その名の通り、Buzzを起こして稼ぐ集合体、組織を作ることを目指したもの。

傍にいるJUNは、事故によって足を大怪我して、前の仕事を止めざるを得なかった過去をもっている。

そんな彼が、私とタッグを組んで早二ヶ月。

今月は月収150万に届きそうな驚異的なスピードで成長を遂げている。

BuRuプロジェクトでは、そういう人物を次々と世に輩出したい。

企業である以上、雇用を創出し、消費の拡大を生んで、社会貢献を果たすという使命がある。

今、やっと思い描いていたものが、少しずつ形になってきた。

もう、スタートまで時間が迫っている。

メディアで稼ぐ最強集団を創り上げます。

リリースまであと10日。

世間は師走というが、まさに自分にとっても一年で一番忙しい時期だ。

眠い。。

毎日時間が足りない。。。

こんな時は、やっぱりX社長からの教えが生きてくる。

そう、超えられない山はない。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ースポンサードリンクー
ースポンサードリンクー

最近の記事

ースポンサードリンクー
PAGE TOP